Hints for Building a Personal Brand

Clapper Board with Building a Personal Brand as its message

To read the Japanese version of this post (from Mr Ryota Sano) click here.

Post by Ray Poynter, 31 January 2018

On Friday, 9 February 2018, Sue York and I are presented a webinar on how to build a personal brand in the market research and insights space, click here to find out more.

In the run-up to this webinar I posted a series of tips (on LinkedIn) for people wanting to develop a brand. This post is the collection of posts and some news about a course that Sue York and I are running on this topic.

Hint 1 – Research Your Field
Before you start creating a brand it is important to understand what other people are doing. For this hint I am simply going to point you to a great post by a new face Ella Beaumont, showing how she systematically researched the MR scene and set about creating her plan.

Hint 2 – Be positive and supportive
Most people who have created a successful personal brand in the market research space are almost all positive and supportive people, people like Leonard Murphy and Kristin Luck.

In the F2F world, make a positive comment when something is worth praising. Invite people to join your project, your panel, your dining table. When people ask for your advice, whenever possible offer it. Positive/supportive people grow their networks faster than people that are less pleasant to deal with – pretty obvious really. In social media it is easy to be glib or negative.

Specific tips for being positive and social on social media include: Liking things, sharing information created by others, retweeting interesting or positive things, adding a supporting comment, acknowledging the contributions of others.

Kristin Luck (serial entrepreneur) highlights Eileen Campbell, saying ‘She’s such a great advocate for marketing insights and she’s also incredibly generous with her time.

Hint 3 – Authenticity
Your personal brand, in the context of work and your career, should not contain every facet of your personality, but every element of your personal brand should be authentically you.

Leading MR voice Annie Pettit advises, “Figure out who YOU are. Don’t try to copy what other people are doing or how they are doing it or try to be everything to everyone.”

You won’t necessarily be able to define your brand immediately; it is something that develops over time, just as your ‘voice’ develops over time (more about voice in the next tip). Remember if you want to be seen as authentic only ‘like’ things you like and only ‘retweet’ or ‘share’ links you have read and endorse.

Hint 4 – Finding Your Voice
To build your brand you should write things, e.g. social media comments, replies & posts. To do this efficiently & effectively you should establish your ‘voice’. As we said in Tip 3, authenticity is essential, so your voice should be the real you. Betty Adamou of Research Through Gaming advises “Be yourself. That is a gazillion times harder than it sounds. In the digital age, people will access your brand via your digital content and while you’re shrouded behind the internet, it can be easy to start sounding like how you ‘think’ you should sound. Over time, not being yourself will become exhausting.

As you start to write, look at how your contributions are received. If they are misinterpreted, tweak your style. If you find it hard to write, try tweaking your style.

It might take 6 months to find your voice, but once you find it – be consistent (except when there is a benefit in breaking your mould.)

Hint 5 – Complement your employment
Whether you own your own business or you are a new employee, your personal brand needs to complement your employment. Tom de Ruyck of Insites Consulting has a very strong personal brand and he warns “If you work at a company, make sure your personal brand is linked to your company’s brand. Make sure your personal brand never becomes bigger than your company’s brand. Why? It will get you into internal trouble at your company (in different ways ☺) or you will not be able to convert your personal brand into company successes and wins.”

Of course, this tip highlights the tension between the hints: complement your employment, find your personal voice and be authentic. There will be ways to do this, but it may take effort.

Hint 6 – Consistency
When building a brand, learn from successful brands like Apple, Coke, and Toyota – utilise a consistent image/brand. Try to use a single name: at work, in Twitter, on LinkedIn, in blogs, etc. Avoid being Ray sometimes and Raymond sometimes, Sue here and Susan there. From time to time you might want to update your photo, but at any one time use the same image across your different activities.

However, always remember the advice from Ralph Waldo Emmerson “A foolish consistency is the hobgoblin of little minds”. For example, if your employer insists on using an image you are not comfortable with, or a version of your name that you do not prefer – do not standardise on that version, standardise (wherever possible) on the brand identity (which is what your name and image create) that you choose.

Hint 7 – Twitter
Twitter is a great way to develop your personal brand, but remember it won’t happen overnight. Once you have set up your profile (ideally with your preferred image and name), start by understanding the rules of the game. Follow some good examples, and dip your toe in at first by liking and retweeting. But, only ‘Like’ things you like and only retweet things you have read and endorse.

Once you get into the swing of it, try replying to tweets and to writing your own tweets. A good way to start, in terms of your own tweets, are to tweet links to articles you find interesting. Don’t worry whether other people will find them interesting – if you think they are interesting, there will be other people who think the same.

Hint 8 – Using Twitter tools
There are several ways that you can make Twitter more effective and ways of making your use of it more efficient. Here are three of them.

Hashtags are used to identify that a tweet relates to a specific topic. For example, many tweets relating to market research include tag #MRX and/or #NewMR. So, monitor tweets that use these, and include them in your market research related tweets.

Build a Personal Brand Boot Camp 2018 BadgeFollowing interesting people is a good way of learning from Twitter and these are the people you should be liking, retweeting and replying to. Some good accounts to start monitoring are: @ESOMAR, @SusanSweet, @keenasmustard, @GreenBook, @1Sue3, @TweetMRS, @LoveStats and @BettyAdamou.

So, I keep mentioning monitoring, the best way to do this via a tool such as TweetDeck. TweetDeck is free and it allows you to monitor a variety of hashtags and accounts, by setting up a column for each one – making the management of your Twitter activities less onerous.

Want to learn more about how to build a Personal Brand?
Sue York and I are running a six-week Boot Camp to help you get your personal brand up to speed. Click here to find out more.


Japanese version contributed by Mr Ryota Sano, from TALKEYE Inc., Japan.

パーソナルブランド構築のヒント

2月9日の金曜日に、私とスー・ヨークはマーケティングリサーチとインサイト業界における個人ブランド構築の方法についてのウェビナーを実施した。詳細はこちら
このウェビナーに至るまでに個人ブランドを作りたい人達のために(LinkedInで)一連のヒントを投稿した。この一連の投稿には、スー・ヨークと私がこのテーマで開講中のコースについての内容およびニュースが含まれている。

ヒント1 自分の分野を事前調査する
ブランド構築を始める前に、他人がなにをしているのかを理解することが重要である。これに関しては、ニューフェイス、エラ・ビューモントによる素晴らしい投稿を引用したい。彼女の投稿では、マーケティングリサーチの現状を体系的に調査することと、どのようにプラン設定をするかが解説されている。

ヒント2 ポジティブであれ、他人へのサポートを惜しむな
マーケティングリサーチ業界において著名な個人ブランドを構築した人間はすべからくポジティブな考え方を持ち、他人へのサポートを惜しまない。例えば、レニー・マーフィーやクリスティン・ラックがそうであるように。
人と対面しているときには、なにか賞賛するべきことがあれば、ポジティブなコメントをするべきである。あなたのプロジェクト、パネル、食卓に人々を誘おう。誰かにアドバイスを求められたら、可能な限りそれに応えよう。ポジティブでサポートを惜しまない人間は、あまりそれに乗り気でない人間よりも、ネットワークを速く成長させることができるのは自明であろう。特にソーシャルメディアにおいては、口先だけのネガティブな人間にうつりがちである。
ソーシャルメディアにおいて、ポジティブかつ社交的にみせるためのヒントは、人の投稿に「いいね」をしたり、シェアをすること、興味深い、ポジティブな投稿をリツイートすること、支持を表明するコメントを残すこと、第三者による貢献に感謝を示すこと、などがある。クリスティン・ラック(アントレプレナー)はアイリーン・キャンベルを評して、「彼女はマーケティングインサイト業界の偉大な提唱者であり、信じられないほど自分の時間を人のために割いてくれる」と褒め称えている。

ヒント3 本物であれ
自分の仕事およびキャリアという観点からは、個人ブランドがあなたの人格のすべての側面を含んでいる必要はないが、一方で、あなたの個人ブランドのどの要素もあなたそのものでなければならない。
マーケティングリサーチ業界のオピニオンリーダーであるアニー・ペティットはこうアドバイスする、「他人がやっていることや、やり方を真似したり、万人受けを狙うべきではありません」。
自分のブランドをいますぐに決める必要はない。それはむしろ時間とともに形成されていくものである。あなたの評判が時間とともに形成されていくのと同じである(それについては次のヒントでもとりあげる)。あなたが「本物」として人から認められたいのであれば、あなたが好きなもにだけ「いいね」として、実際に読んで推薦できるものだけを「リツイート」、「シェア」するべきである。

ヒント4 自分の発言スタイルを見つけろ
個人ブランドを作るためには文章を書かなければならない。例えば、ソーシャルメディア上のコメント、返信、投稿などである。これを効率的かつ効果的に行うためには、自分の発言スタイル(ボイス)を築く必要がある。ヒント3で述べたように、本物であることは必須である。よってあなたの発言スタイルも本物のあなたでなければならない。Research Through Gaming社のベティ・アダモは「等身大の自分でありなさい」とアドバイスする。言うは易し、行うは難し。デジタル社会においては、あなたがネットの裏側に隠れているときでも、人々はデジタルコンテンツを通してあなたのブランドにアクセスしている。どのように人から見られたいか、について考えることから始めることは簡単かも知れないが、見せかけの自分を演じ続けるのにいつかは疲れ切ってしまうだろう。
文章を書き始めると、あなたの貢献がどのように受けとめられているかが見えるようになる。もし誤解を受けているようなら、自分のスタイルを微調整するべきだ。書き続けることが辛いなら、自分のスタイルをちょっと変えてみるのはどうだろう。自分のスタイルを確立するには半年かかるかもしれないが、一度それを見つけたなら、そのスタイルを維持するべきである。(自分の殻を破ることが有益である場合を除いて)

ヒント5 自分の会社を補完しよう
自分の会社を運営しているか、会社に雇用されているかにかかわらず、あなたの個人ブランドはあなたの雇用状態を補完するものである。Insites Consulting社のトム・デ・リュイックは有名人であり、強い個人ブランドを持っているが、こう警告する。「会社のスタッフとして働くのであれば、個人のブランドは会社のブランドに直結することに気を付けるべきです。また個人のブランドが会社のそれよりも大きくなりすぎないように注意しなければなりません。」なぜかって?ゆくゆく社内でトラブルに巻き込まれる(様々な形で)か、またはあなた個人のブランドを会社の成功や発展につなげることができなくなるからである。
このヒントが、会社のブランドの補完、自分の発言スタイルの発見および本物であること、という三つのヒント間に、ある種の矛盾を生じさせることは事実である。うまくバランスをとるコツはあるが、努力が必要だ。

ヒント6 一貫性
ブランド構築において、成功しているブランド、アップル、コカコーラ、トヨタなどから学ぶことが重要であり、それには一貫したブランド・イメージを保ち続ける必要がある。仕事において、Twitterで、LinkedInで、ブログその他でも統一した名前を使おう。あるときにはレイを、別のときにはレイモンドを使ったり、あるところではスーを、別のところではスーザンを使うのは避けよう。イメージ写真をアップデートしたくなることもあるだろうが、ある時点においてはどこでも同じ写真を使うべきである。
「愚かな頑固さは狭量なる心のあらわれ」という、ラルフ・ワルド・エマーソン(訳注:アメリカの思想家)の名言を覚えておこう。例えば、会社が(あなた自身が)あまり好きではない写真や、使いたくない呼び方に執着するときは、そのようなイメージに統一すべきではない。可能な限りあなたが選んだブランドアイデンティティ(あなたの名前や写真が作り出すもの)に統一しよう。

ヒント7 ツイッター
ツイッターは個人ブランドを作るためには非常にすぐれた媒体である。しかし、ブランドは一夜にしてならず。プロフィール欄を設定したら(理想的には、あなたら好きな写真と名前で)、ゲームのルールを理解することから始めよう。よい先例を見習って、「いいね」と「リツイート」から始めよう。「いいね」はあなたが本当に好きなツイートにだけして、「リツイート」はきちんと読んで推薦できるツイートに対してだけ行うこと。慣れてきたら、ツイートに返信したり、自分のツイートを始めよう。自分のツイートを始めるコツは、興味をもった記事についてのリンクを貼ったツイートをすることである。他の人がそれを面白いと思ってくれるかどうかは気にしないでいい。自分が面白いと思った記事を面白いと思ってくれる人は必ずいるものである。

ヒント8 ツイッターのツールを使え
ツイッターをより効果的に使う方法、より効率的な利用を可能にする方法はいくつかある。そのうちの三つを紹介しよう。
ツイートが特定のテーマに関するものであることを示すために、ハッシュタグが使われる。例えば、マーケティングリサーチに関する多くのツイートには#MRXや#NewMRが付されている。これらのハッシュタグが付いたツイートをモニターして、自分のマーケティングリサーチ関係のツイートにもこれらのハッシュタグをつけよう。
有名人をフォローするのはツイッターから学ぶためのよい方法である。そういった人達のツイートに「いいね」や、「リツイート」、そして「返信」をしよう。モニターすべきアカウントの一例は、@ESOMAR, @SusanSweet, @keenasmustard, @GreenBook, @1Sue3, @TweetMRS,@LoveStatsおよび@BettyAdamouである。
これらのアカウントをモニターし続ける一番いい方法は、TweetDeckなどのツールを使うことである。TweetDeckはフリーソフトで、様々なハッシュタグやアカウントについてコラムを設定することで、面倒な管理をしなくてもツイッターをモニターすることができる。

個人ブランドについてもっと知りたい?
スー・ヨークと私は、あなたの個人ブランドを期待に負けない速さで構築するための6週間のブートキャンプを運営している。詳しくはこちらへ

One thought on “Hints for Building a Personal Brand

  1. lot’s of good tips folks … lot’s of guff talked about personal branding last few years so extra good to get some good common sense ( and thanks for the mention of my crzy habits … an no i don’t believe in spellcheck )

    keep up the great work

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *