Are you a collaborative and productive worker? Does your employer know that? Are you sure?

To read the Japanese version of this post (from Mr Ryota Sano) click here.

Post by Ray Poynter, 21 February 2018Image of someone stepping forward

I have just been reading an interesting HBR article (Rob Cross et el, Collaborative Overload, first published in 2016) that I think highlights the need for people in organisations to develop a personal brand – especially if they are amongst the most productive and collaborative people in their organisation.

The paper reports on studies that looked at collaboration inside organisations and found that, on average, 20-to-35% of the value added by collaborations came from just 3-to-5% of employees. These productive people were the ones who were able to offer one or more of the following:

  • Informational resources, knowledge that can be passed on to other to use.
  • Social resources, knowing who to refer a problem or query to.
  • Personal resources, including time and energy – this is the most draining of the three.

The researchers reviewed about 300 organisations, using a variety of tools to map collaboration and value added. The studies found that at least 50% of the people who were most valuable to the organisation were not known to be so important by senior management. Think about that for a moment, half of the people doing great work, adding value, and collaborating with others were not being recognised for their efforts, nor for their importance.

When I talk to people who are reviewing their status, e.g. asking questions like: Where am I now? Why am I here? Where could I be? And, how do I get there? I frequently find that people have the somewhat charming view that if they do good work, then they will be recognised and rewarded. These people often feel it would be at least gauche, and possibly brash, to ‘bang their own gong’ or ‘blow their own trumpet’. Unfortunately, they are all too often wrong. If you are doing good work, you owe it to yourself and your organisation to make sure that people know about it. For example, by developing a personal brand.

Things that can help develop your personal brand include:

  • Ensure your name is listed on any collaboration you have worked on.
  • If there is meeting or presentation – try to ensure that you speak/present at the meeting – even if you only cover a small aspect of the whole.
  • Volunteer to take the minutes and to circulate information – so people see it is coming from you.
  • If online collaboration tools are used, ensure you add comments, ideas and support – do not rely entirely on spoken communication.

If you would like to learn more about how to develop a personal brand, check out the virtual boot camp that Sue York and I are running in April and May 2018.


Japanese version contributed by Mr Ryota Sano, from TALKEYE Inc., Japan.

あなたは協力的かつ生産的な社員?あなたの上司はそれを本当に理解していますか?Image of someone stepping forward

最近、ハーバードビジネスレビューに掲載された興味深い記事を読んだ(Rob Cross他、Collaborative Overload、2016年)。この記事は、組織で働く人間が個人ブランドを築くことの必要性を強調している。あなたが組織の中で最も生産的で、かつ協力的なスタッフの一人である場合には特にそれが重要となる。

組織内の共同作業についての研究結果によると、平均すると、共同作業によって産み出される付加価値の20から35%は、わずか3から5%の社員によってもたらされているという。生産的なスタッフとは次に挙げる事柄の一つ以上を提供できる人々のことである。

  • 他のスタッフと共有可能な知識、情報のリソース
  • 誰に問題の解決を依頼したらよいか、質問したらよいかを知る、社会的リソース
  • 時間および情熱を含む、個人的リソース(三つのなかで最も消耗しやすい)

研究者は、様々な手法を使って共同作業およびそれによる付加価値をマッピングし、約300の組織の評価を行った。その結果、組織に最も貢献しているスタッフの少なくとも50%は、上層部から組織内で重要な人物だと認識されていないということがわかった。ちょっと考えてみてほしい、立派な仕事をして、付加価値を生み出し、他のスタッフと協力して働いている人間のうちの半分は、その努力も、重要性も組織内で認識されていないのである。

私が、自分の状況について自己評価をしている人と話すとき、例えば、私は今どこに居る?なぜ今ここにいるのか?どこに行きたいのか?どのようにしてそこに行くのか?といった質問をする。そして、しばしば人々が、よい仕事をしていれば、いずれ上司に認められ、報われるだろうという、いわば素朴な考え方をしていることに気づく。こういった人達は、自分の業績を吹聴したり、声高に口にしたりすることを、控え目に言って不作法で、はっきり言えば出しゃばりなことだと感じている。残念ながら、そういった考えは多くの場合間違っている。もしあなたがよい仕事をしているならば、それをきちんと皆に知らしめることは、組織人としてのあなたの義務である。あなた個人のブランドを確立することでも、それを達成することができる。

個人ブランドを構築するには次のようなことが役に立つ。

  • 参加した共同作業の成果物にはあなたの名前を載せること
  • 会議やプレゼンテーションでは、自分の協力した範囲が一部分でも、自分が発表する機会を確保すること
  • 自発的に議事録をとり、社内に情報を送ること(あなたから情報が発信されていることを人々に印象づける)
  • オンラインのコラボレーションツールを使うときは、自分のコメント、アイディア、サポートの証拠をオンライン上に残すこと。(オフラインの会話だけで終わらせてはいけない)

個人ブランドの構築についてもっと知りたいなら、私とスー・ヨークが2018年4月と5月に実施するバーチャルブートキャンプをチェックして欲しい

One thought on “Are you a collaborative and productive worker? Does your employer know that? Are you sure?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *